台湾に行った際に便利で心強い相棒になるのがスマホです。

台湾に行った際に、翻訳アプリ・地図・お店の情報などを日本にいる感覚と同じように使えたら便利では無いでしょうか?

と言うよりも、それができなければ、台湾旅行が不便で仕方ないと思います。

ワタクシが台湾に行く際には、最近はレンタルwifiルーターを借りて行っています。

過去には申込みの必要がなく手軽だからと日本の携帯会社が台湾の携帯電話会社の回線を借りて通信するローミングという方法を使って6日間で2万円近くの請求が届いた事があります。

その時の悔しさから「二度とローミングなんて使うかーバカー」と心に誓いました。

その他にも無料のwifiのアクセススポットも、日本と比べると多く有りますが、電波の届く範囲が狭いため、

『 いざ使いたい時にwifiの圏外だった 』

なんて事も良く聞く話です。

私のような苦い経験をしないで頂きたいので、今回は一番お手軽にwifiに繋がる、

『 レンタルwifiルーター 』

について書きたいと思います。

レンタルwifiルーターをオススメするわけ

1258

 

ワタクシが台湾旅行初心者に1番オススメ出来る方法です。

このルーターとは、持ち運びできる小さな無線LANのアクセスポイントです。

初めて使う際にはパスワードを入れるだけでwifiが使えるのが特徴です。

他にメリットとして下記のことが挙げられます。

・ネットから時間を問わずに日本語で簡単な申し込み

・家族や友達のスマホやタブレットも、この1台のルーターでwifiが使える

・ルーターは自宅へ宅急便で届き、時間指定もできるので安心

・返却は空港にあるカウンターで返せるので楽々

・LINEやSkypeを使えば、日本へ無料で通話が出来る

 

 

しかし、レンタルwifiルーターにも欠点が無いわけでは有りません。

レンタルwifiルーターを常に持ち歩く必要性があるのと、バッテリーが5~6時間程度しか持たない点です。

ルーター自体はスマホより2サイズくらい小さいものなので、カバンに入れておくだけでOKなのでさほど気にはなりません。

しかし、バッテリーはずっと外に出ていると充電が足りなくなってしまいます。

そんな場合はモバイルバッテリーを持ち歩いて充電しながら動けば解決ですね。

img_3148

 

「モバイルバッテリーなんて持ってないよー」

と言う方は、アマゾンなどで2000円~3000円で売られていますので、この際1つ購入することをオススメします。

「今回だけバッテリーが必要だなー」

と思った方は・・・安心して下さい。

ルーターをレンタルする際にモバイルバッテリーも1日200円程度で借りれます。

ルーターの使用金額については、

1日あたり680円ですので、3泊4日で2720円程度と格安です。

その他「無くしたり壊したりしたらどうしよう」という方も安心して下さい。

これも保険がオプションで付けれます。1日あたり300円で免責0円です。

ちなみにワタクシは付けた事がありません(笑)

その他の方法を使って、台湾でのインターネットを使う方法が有りますが、少しハードルが高く手間なのと、ワタクシ自身の失敗談から学んだ結果

 レンタルwifiルーター 』 

が絶対に失敗しなくておすすめです。

台湾で日本と同じように外でスマホを使える便利さは一度味わうと戻れないです。

以前はガイドブックを片手に持ち歩いていたのですが、最近はガイドブックに付属するオマケアプリで、ガイドブックの内容を、すべてスマホにインストールできるので、ガイドブックもホテルに置いてきちゃいます。

台湾旅行を検討している方は是非レンタルwifiルーターを検討してみて下さいね。

来週、また台湾に行くので、その時にレンタルwifiルーターの使用手順や速度など紹介しますので、良かったら参考にして下さいね。

いつも最後まで読んで頂き謝謝!!

なにわバナー 友達夫婦の節約ブログです なにわのドタバタ夫婦節約奮戦記

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へにほんブログ村 

スポンサーリンク