【2018年2月23日更新】

こんにちは、ワタクシです

 

台湾旅行に限らず、外国で心強い相棒になるのがスマホやタブレットです。

翻訳アプリ・地図・お店の情報など

日本にいる時と同じ感覚で使えたら便利ではないでしょうか?

 

と言うよりもスマホに慣れてしまっている現在、

それができなければ、海外旅行では非常に不便です。

 

外国でスマホやタブレットを使おうと思うと、色々な方法がありますが、

ワタクシが台湾に行く時には毎回、

海外用レンタルWiFi

を利用しています。

 

海外でスマホやタブレットを使う方法
メリット・デメリット

 

海外でスマホやタブレットを使う方法はいくつかありますが、

それぞれメリット、デメリットはあります。

 

ローミングサービス

過去には申込みの必要がなく手軽だからと

ローミング(日本の携帯会社が台湾の携帯電話会社の回線を借りて通信する)

という方法を使ったところ、

6日間で2万円越えの請求

が届いた事があります。

悔しさから「二度とローミングなんて使うかー!バカー!」と心に誓いました。

国際電話と同じだからすごく金額が高いのです。

 

プリペイドSIM

台湾旅行の上級者になると、

現地のプリペイドSIMを購入して、

現地の携帯電話会社料金で使用する人も多いです。

通信速度も速く、快適なのですが、

『SIMフリーのスマホやタブレット』が必要

になりますし、設定が上手くいかなくて、

「電話はできたけど、インターネットが使えなかった」

という人の話もよく聞きます。

 

公衆・無料WiFi

他に、台湾では

無料のWiFiのアクセススポット

が日本と比べると多くあるので、これを利用する方法があります。

しかし当然、電波が途切れないほど多くあるわけではないです。

「いざ使いたい時にはWiFiの圏外だった 」

なんて事も良く聞く話です。

もちろん移動しながらの通信は不可能です。

また、無料のアクセススポットはたくさんの人がアクセスしあう為

セキュリティ面でも不安があります。

 

海外旅行ビギナーは海外用レンタルWiFiルーターが確実

ワタクシが実際に毎回利用していて、一番オススメするのは

『 海外用レンタルWiFiルーター 』です。

 

 

このレンタルWiFiルーターとは、持ち運びできる、あなた専用のWiFi(無線LAN)のアクセスポイントです。

 

海外にいてもお家のWiFiやお店のWiFiにつなぐときと同じ要領で、

いつも使っているスマホやタブレットから電波を検索して、パスワードを入力だけですぐにインターネットが使えます。

 

ほとんどのレンタル会社はインターネットから申し込み可能で、申し込むと空港で各レンタル会社のカウンターでの受取か、旅行出発日までにルーターが宅急便で届きます。

返却は宅急便で送り返すか、空港にある各レンタル会社のカウンターで返却できます。

 

海外用レンタルWiFiルーターの唯一の欠点

但し、レンタルWiFiルーターにも欠点が無いわけでは有りません。

通信を頻繁にしていると消費電力が大きく、1日もたないことがほとんどです。

 

なので、充電できるモバイルバッテリーは必須になってきます。

 

WiFiルーター自体は小さく軽い物なのですが、バッテリーって地味に重たいんですよね。

 

「モバイルバッテリーなんて持っていないよ」

と言う方は、スマホの充電にも使えますし、旅行好きな人にとってはすごく便利なので、

この際購入するのも良いと思います。

 

それでも、旅行頻度が少なくて、

「バッテリーを買うのはもったいないな」

と思った方はルーターをレンタルする時にモバイルバッテリーもレンタルしましょう。

会社によって異なりますが、1日200円程度で借りることができます。

 

Wifiルーターのレンタル料金

ワタクシがいつも使っている

海外Wi-Fiレンタル<イモトのWi-Fi>

の場合ですと、

1日あたり680円~

3泊4日で2720円程度です。

 

レンタルなので、なくしたり、壊したり、盗まれたりすると弁償という事になりますが、

保険がオプションで付けれます。1日あたり300円です。

 

ワタクシ的 海外用レンタルWifiランキング

手続きやスマホの設定の手軽さはWifiルーターが間違いなく一番です。

また料金もオプションをたくさんつけなければリーズナブルです。

 

海外レンタルWiFi会社はたくさんありますのでオススメをワタクシ的にランキングにしてまとめておきます。

 

    1. 海外Wi-Fiレンタルなら<イモトのWi-Fi>

      ワタクシがいつも使っているのが
      『イモトのWiFi』です。
      海外用モバイルデータ通信レンタルでは業界大手で、
      世界200以上の国と地域をカバーしています。
      料金もリーズナブルで接続も簡単。
      ほとんどの空港にカウンターもあるので非常に便利です。

    2. 海外WiFiレンタル【GLOBAL WiFi】

      次にオススメなのは
      中国出張ビギナーズの辣油先生がいつも使っている
      『グローバルWiFi』です。
      どうやら中国はVPNという機能が便利なようで、
      中国向けにはオプションが用意されています。
      ココも料金が安いですね。
      業界最安に挑戦中とのことで
      台湾なら670円から利用可能です。
      細かくプランを設定できますし、
      コンセントやバッテリーなど
      WiFiルーター以外のレンタル機器も充実しています。

    3. 海外用WiFiレンタル「ビソンデータ」

      ビソンデータは最低価格こそ安くはないですが、
      大容量プラン、容量無制限プランが充実しています。
      また、空港には返却カウンターがないようですが、
      郵送での受取、返却が無料になっています。
      データ容量の大きい写真を旅行中もやり取りする人や、
      お仕事で日本との通信料が多い方にオススメです。

 

イモトのWifiは最安3GプランでもOK?

ワタクシのおすすめナンバーワン

『イモトのWiFi』の体験レポートを書きたいと思います。

運営しているエクスコムグローバル(株)は

レンタルルーターを提供する会社の老舗ですので、

安心して使用することができます。

テレビでお馴染みのイモトさんがメインキャラクターに起用されているので、

『イモトのWiFi』と呼ばれています

 

プランは接続速度別に、

遅い回線の3Gが680円/日

現在日本のスマホで使っているのと同等で速い回線の4G(LTE)1280円/日

の2種類のプランがあり、

ワタクシはいつもなら

4G(LTE)を利用しているのですが、

実験の為に料金の安い方の3Gプランを申し込みました。

 

イモトのWiFiルーターは自宅で受け取り可能

申し込みはインターネットとクレジットカードの支払いで全て完結できます。

宅急便で受け取るにはオプション料金で500円かかりますが、

ワタクシは出発前に空港でウロウロ、バタバタするのが嫌なので、

オプションの宅配を選びました。

返却時は空港の指定カウンターで返却です。(返却は24時間対応)

こんな感じで旅行前日に宅急便で届きます。

きちんと時間指定通りに届きますので安心ですね。

img_3157

 

梱包された袋から取り出すと、こんなポーチが出てきます。

この中に説明書・ルーター本体・充電ケーブル・充電アダプタが入っています。

img_3160

 

説明書は、誰が見ても解るように図入りで親切に記されていますので、

機械音痴な方でも簡単に設定できるかと思います。

img_3162

 

ルーター本体はボタン1つしか無いのも分かりやすくて良いですね。

img_3164

 

イモトのWiFi 設定方法

使い方は、現地に行って、ルーターの電源を入れて、

接続のマニュアルを見ながら

SSID(ネットワーク名)xcomglobalを選んで、

シールに書いてあるパスワードを入れるだけです。

 

という事で、台湾の桃園空港に到着後、電源を入れました。

img_3295-1

 

赤丸で囲ってある電波のメーターが付けばWiFiの接続準備が出来ています。

先程も書きましたがボタンが1つしか無いので迷うことはありませんよ。

次にスマホとルーターを接続するので、WiFiの設定をスマホでします。

 

img_3296

 

先程も書きましたが、「こんな設定わからないよー」という方も

同梱のマニュアルを見ながらゆっくり接続の作業をしても1~2分で出来ると思います。

本当に簡単ですのでご安心を。

 

もちろん、iPhoneとAndroid両対応です。

 

これで台湾旅行の道中、日本にいる感覚でスマホを使うことが出来ます。

もちろん複数台のスマホを繋ぐことも可能です。

 

料金がいちばん安い3Gプラン実際の速度は?

3G通信の最大値が15Mbpsとなります。

では実際の速度である実効値はどんなものでしょうか?

 

空港からホテルへの車内で速度を計ってみました。

img_3804

 

下りで9.89Mbps出ていました。最大値でも15Mbpsですので、まずまずと言ったところです。

img_3297

 

ホテルへ向かう道中、電波が途切れたりということもほとんどなく、

グーグルマップをみながら現在地を確認することも難なくできました。

 

ただ、やはり普段4G回線を使ってインターネットを利用していると、

読み込みが遅くなりますので、多少のストレスはあります。

SNSやメールで大容量の動画や写真を送ったり、

動画サービスで映画をみたりしなければ3Gの方でも十分使えそうです。

 

3Gプランでも思った以上に使える!

日本にいる時は4G(LTE)回線で慣れてしまっているので、

ブログやニュースサイトを見るには、正直3Gでは遅く感じましたが、

 

3Gでもグーグルマップやメール確認、翻訳アプリは普段と変わらない感じで使えました。

普段と変わらない通信速度を求めるなら、4G(LTE)回線がオススメです。

 

気になるルーターのバッテリーは約5時間持ちましたが一日中出歩くならモバイルバッテリーが必須だと思います。

お持ちでない方はスマホの充電用としてもこの際に1つ購入することをオススメします。

 

買うまでもないな~という方も安心して下さい。

イモトのWiFiなら別料金ですがレンタルもできます。

 

それからルーターを無くしたり・壊したり・盗難にあった場合は、

約4万円の弁償金が必要になります。

 

心配だという方は

『あんしんパックプレミアム(300円/日)

に加入しておけば万が一の場合も完璧ですね。

 

以上イモトのWiFiレポートでした。

いつも最後まで読んで頂き謝謝!!

 

台湾旅行や海外旅行へ行く方はかんたん便利なレンタルwifiルーターを使って下さいね。

きっと快適な旅行を楽しめると思いますよ~

 

いつも最後まで読んで頂き謝謝!!

 

 

友達のブログもぜひ読んでみて下さいね▼

 中国出張ビギナーズ

なにわバナー なにわのドタバタ夫婦節約奮戦記

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へにほんブログ村

ブログランキング