【2017年8月1日更新】

こんにちはワタクシです。

 

台湾の台北市内の地下鉄はMRTと呼ばれていて、MRTはMass Rapid Transitの略です。

超訳すると「大衆急行便」といったところでしょうか。

▲地下鉄のマーク

 

電車はおおよそ5分間隔で来ますし、何よりも運賃が安いです。

利便性も日本の地下鉄と同等かそれ以上に駅が細やかに配置されていますので、MRTを使わない手はないです。

 

台湾の地下鉄(MRT)を2割引きで乗れる悠遊卡(ヨウヨウカー)

カード01

>>台湾旅行にはレンタルWifiがオススメ!

 

台湾には悠遊卡(ヨーヨーカー / EASY CARD)といって、

日本で言うところのSuicaやICOCAみたいなカードがあります。

このカードは発行時にデポジット(保証金)として100台湾ドル必要ですが、

台北を満喫するためには必須アイテムです。

 

100台湾ドル(約370円)はデポジット(保証金)なので戻ってきますが、

解約時手数料の20台湾ドルが差し引かれて80台湾ドルの返金になります。

 

とはいえ数百円のことですから、

旅の記念カード

として持って帰ったり、ワタクシのように何度も台北に訪れる予定の人はそのまま持っておいても良いと思います。

 

悠遊卡は地下鉄の運賃支払いだけではなく、路線バスの運賃支払いにも使えますし、

電子マネーとしてコンビニやスーパーでの支払いにも使える超便利なカードです。

 

広告

悠遊卡(ヨウヨウカー)はどこでどうやって買う?

悠遊卡が買える場所は

  • 駅の販売機
  • 駅の窓口
  • コンビニ

帰国前にデポジットを返金してもらいたい方は、駅の販売機で買う事をオススメします。

なぜかと言えば、窓口やコンビニで購入するとカードにICチップが入ってしまい、

返金手続きには運営会社へのカード送付が必要になるので返金がスムーズにできません。

 

ワタクシのようにずっと持っておく人は

駅の窓口か、コンビニのレジで

「ヨーヨーカー」と言えば、

ほとんど通じて発行してもらえます。

▲駅の窓口

 

駅の販売機で悠遊卡を買う方法

駅の販売機で悠遊卡を買う方法も説明しておきますね。

地下鉄の駅にはこんな感じで券売機がズラッと並んでいます。

 

悠遊卡が買える販売機は

悠遊卡售卡加值 

と書かれた販売機です。

下に英語でも

EASY CARD SALES & ADD-VALUE

と書かれているのでワタクシもかろうじてわかります(笑)

 

販売機を見つけたら液晶画面上

『購買悠遊卡』

の表示を押します。

 

次に

『普通』、『優待』

のカード選択画面がでます。

115cm~145cmのお子さんと65歳以上の方は『優待』が利用できます。

それ以外の方は『普通』を選んで下さい。

 

そして、100元を入れて、しばらくするとカードが発行されます。

 

販売機でカードにチャージする

どこで悠遊卡を買っても、そのままでは使えないのでカードにチャージしましょう。

先程の販売機にカードを差し込んで、

画面中の『加値』を押します。

カード03

 

この画面になったらお金を入れます。

上からカードの残金、投入可能金額、投入金額です。

 

今回は100台湾ドルチャージします。

 

内容を確認したら、『確認』を押します。

 

詳細が表示されますので、領収書が欲しいときは

『列印(プリントアウト)』を押します。

要らないときは

『不列印』です。

 

領収書はこんなです。

 

チャージ中です。

カードを抜かないでください。

 

チャージ成功です。

カードを抜き取りましょう。

 

難しそうだな~と思った人はコッチの販売機を使いましょう。

 

なんと、日本語ボタンがあります!

画面の指示に従って必要な金額をチャージしましょう。

但し、こちらの機械で『悠遊卡の発行』はできないようです。

 

悠遊卡なら乗り越しも後で精算すればOK

MRTに乗る時にいちいち目的駅までの金額を見て券売機に行って、切符を買うのは面倒ですよね。

悠遊卡であれば、はじめにチャージしておくだけですぐに地下鉄に乗れますし、

乗り越してチャージ金額が足りなくても、その場ではマイナス精算となり、そのまま降りることが可能です。

その後、販売機でチャージすれば、マイナス分は精算完了です。

 

改札ゲートはこんな風にかざすだけでOKです。

日本のSuicaやICOCAと同じですね。

カード09

 

悠遊卡 デポジット(保証金)の返金方法

販売機で買った悠遊卡なら駅の窓口でデポジット(保証金)の返金を受け付けてくれます。

「我要悠遊卡退費」

と書いたメモと一緒に悠遊卡を駅の窓口に差し出しましょう

※駅の窓口、コンビニで買った悠遊卡は駅の窓口では返金してもらえません

 

悠遊卡まとめ

ワタクシも昔は切符を買って移動していたのですが、台湾に在住の友達に教えてもらって、悠遊卡を持つようになりました。

「2割引といっても元金額が小さいからあんまり変わらないんじゃないの?」

と思っていましたが、チリも積もればなんとやらで、結構な額がお得になっている気がします。

 

更に悠遊カードを持っていることでMRTで移動しようかな?

となって、タクシーの使用頻度も落ちたのでやっぱり大きな節約になっています。

 

金額的な事だけではなく、

地下鉄や路線バスに乗る時にワンタッチでスムーズに乗り降りできるのも大きなメリットですよね。

 

皆さんもぜひ悠遊卡を活用して台北を動き回りましょう!
最後まで読んで頂き謝謝!!

 

友達のブログもぜひ読んでみて下さいね▼

 中国出張ビギナーズ

なにわバナー なにわのドタバタ夫婦節約奮戦記

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へにほんブログ村