こんにちはワタクシです。

 

台湾は何を食べても美味しいですが、スイーツも数多くあります。

以前ご紹介したパイナップルケーキも良いですが、やはり暑い台湾で一番のオススメは

 

マンゴーピン(芒果冰)マンゴーのかき氷ですね!

暑い日に食べると最高に美味しいです。

 

中でもワタクシが台湾旅行に行くと、必ずいくお店、

『アイスモンスター』

かき氷は格別です。

 

台北で大人気のお店『アイスモンスター』

マンゴーピンは色々なお店で食べられて、しかもほとんどのお店で山盛り&フレッシュマンゴーどっさりです。

 

そんな数あるお店の中でも大人気のお店が今回ご紹介する

ICE MONSTER(アイスモンスター)です。

 

本国のホームページの方で店舗を見てみると

http://www.ice-monster.com/store-

台湾に2店舗

日本に3店舗

中国に11店舗

と現在、国外にも意欲的に進出中です。

 

その中で今回ご紹介するお店は

台北と大阪の2店舗です。

 

忠孝店

住所:台北市忠孝東路四段297號
TEL:+886-2-8771-3263

 

そして去年の春にオープンした

 

グランフロント大阪店

住所:大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 ショップ&レストラン 南館7F
TEL:06-6375-8088

 

台北のアイスモンスター忠孝店

まずは台北にある忠孝店からご紹介したいと思います。

ホームページには明記されていませんが、このお店が本店のようですね。

大通りに面しているお店で、ワタクシはいつもタクシーの運転手さんにiPadで住所とお店を伝えて行きます。

 

ティータイムのお昼過ぎや休日は大行列ができています。

ワタクシが行ったこの時は平日の午前中だったこともあり、比較的空いていました。

 

ちなみに忠孝店の営業時間は10:30~23:30

 

入り口でお店の中て食べる列と、お持ち帰りの列が分かれていますので気をつけてくださいね。

 

こちらはお持ち帰りの方の入口です、この日は列ができていませんね。

少年がメニューを見てめっちゃ悩んでます、かわいいですね(笑)

 

こちらが店内で食べる方の入口です。

この日は空いていたので10分くらいで入れましたが、

多いときは1時間ほど並ぶこともあるようです。

 

並んでいる間にメニューを手渡されます。

ごっついファイルになっています。

 

日本語も見えますね。

「お一人様最低限110元注文して下さい」

 

つまり、かき氷1つを2人でシェアしたい人は220元(台湾ドル)以上のかき氷を注文する必要があります。

ちょうど、『フレッシュマンゴー雪氷』の価格が220元ですから、これなら2人でもOKですね。

 

ワタクシは食いしん坊なので一人一品で問題なしです(笑)

 

この日はワタクシとワタクシの奥さん、

そして友人である、中国出張ビギナーズの辣油先生と一緒だったので、3種類注文することにしました。

 

辣油先生は初アイスモンスターだったので、

定番の『フレッシュマンゴー雪氷』を注文です。

 

奥さんは『フレッシュイチゴ雪氷』。

 

ワタクシはフルーツ系ではなく

『タピオカ入りミルクティ雪氷』にしました。

 

注文は写真に指をさせばOKですね。

 

順番が来ると店内に通されます。

そして、注文したかき氷がやってきました!

 

マンゴーに

 

イチゴに

 

そして、ワタクシのタピオカミルクティー

 

いつ見てもボリュームがスンゴイです!

 

色をみればわかると思いますが、氷の上にシロップかけたものではなく、氷自体がジュースでできたものを削っています。

なので、味は濃厚、水っぽくありません。

 

フルーツも一見少ないように見えますが食べ進めていくと下の方に埋もれているものがゴロゴロ出てきます。

 

ワタクシが食べたタピオカ入りミルクティーも別皿からかき氷の中に移し入れ、冷やされて弾力を増したタピオカが独特の食感となり、とっても美味しかったです。

 

アイスモンスターグランフロント大阪店

おいしくて迫力ボリュームのかき氷。

「日本でも食べられたらいいのになぁ~」なんて思っていたら、ワタクシの住む大阪にやってきてくれました!

2016年3月にオープンしたグランフロント大阪店です。

 

そして、2017年夏

  • 季節限定メニュー「マンゴーミルクかき氷」が表参道・大阪店で、6月1日(木)より登場!
  • 「ゼスプリ」キウイを使用した夏季限定メニュー「キウイかき氷」が、7月1日(土)より登場!※数量限定無くなり次第終了。

というニュースをみつけ、「台湾好きのワタクシとしては行っておかないと!」

というワケで行ってきました。

 

JR大阪駅からアイスモンスターへの簡単な行き方

このニュースを前回一緒にアイスモンスターに行った辣油先生に教えると、

「一緒に行こう!」という事になりました。

今回はワタクシと辣油先生に加えて辣油先生の2人の子供たちと一緒です。

 

どーん!グランフロント到着です。

 

JR大阪駅中央北口から『グランフロント大阪 方面』の案内看板を目印に歩いて行くと、すぐにグランフロントが見えます。

歩道橋に入って間もなくすると、右手にラコステの看板が上に見える『グランフロント南館』の入口があります。

 

中に入ってすぐに見えるエスカレーターに乗り、7階まで上がると

目の前にアイスモンスターが現れます。

 

エスカレーターの途中から氷を削る音が聞こえますよ(笑)

 

アイスモンスターの込み具合と待ち時間

 

グランフロント大阪店の営業時間は11:00~23:00です。

 

以前は整理券を配っていて、時間予約をしていたみたいですが今はやっていません。

地道に並びましょう。(冬季は予約も可能のようです。)

 

この日は日曜日の午前中でしたが、けっこう並んでます。

 

また、並んでいてなかなか列が動かないので

途中で諦めて列から離れる人が結構いましたが、

進むときは10人ぐらいゴソッと動くような感じ

でしたので、ここは辛抱強く待つようにしましょう。

 

この日は30分ぐらいで順番がまわってきましたが、ゴールデンウィークや夏休みとなると2時間待ちといった状況もあったようです。

店員さんにだいたいの目安を聞いてみましたが、

「お客様によって食べる時間がすごくバラバラなのでお応えできないです。」

とのこと。

 

確かにかき氷は人によって食べるスピードがぜんぜん違いますものね。

できれば大型連休などは外してお店に行くようにしましょう。

 

列が進むと、メニューが配られますが台湾のお店と同じではなく、

ラミネートされた紙一枚です。

 

メニューの内容も台北のお店と比べると種類が少ないです。

うーん、ちょっと残念ですね。

 

ちなみに今回の限定メニューである

「マンゴーミルクかき氷」と「キウイかき氷」は

台北のお店でもスタンダードメニューには載っていますが、

「マンゴーミルクかき氷」は夏季限定

「キウイかき氷」は1日の数量限定です。

 

大阪のアイスモンスターではお一人様一品ルール 子供は?

メニューを渡されると同時に

「お一人様につき一品以上のご注文でお願いします。」

と言われます。

 

今回、ワタクシ達は4人ですが内2人は小学校低学年です。

どう考えても子供にはあの量は多すぎます。

 

「子供でも一品必要ですか?」

と聞いてみたところ

 

『中学生以下の方は人数に含まなくて大丈夫です。」

とのことで安心しました。

 

迷わず今回は「マンゴーミルクかき氷」と「キウイかき氷」の2品を注文です。

 

列の最前列で注文し、店内に通されます。

 

真ん中の黄色いカウンターで代金を先払いします。

追加注文はできませんので注意しましょう。

 

同じデザインの

紙ナフキンですね。

 

コップはお水ではなくて

お湯が入っています。

この点も台北と同じです。

 

しばらくして、すぐにかき氷がやってきました。

 

まずはキウイです。

台湾のアイスモンスターと同じサイズです!

ゼスプリのロゴが立っています。

 

白い部分と添えられた実はライチです。

 

次にマンゴーミルクかき氷。

これはミルクのかき氷にマンゴーをのせたものです。

マンゴーのジェラートも上にのっていますね。

 

フレッシュマンゴー雪氷よりもミルクがメインになっていますので、甘く感じるのはこちらですね。

しっかり生マンゴーも味わえるので、これもイイですね!

 

子供には多いだろうな~と思っていましたが

辣油先生の息子ちゃんが「おいしー!!」とガンガン食べます(笑)

 

もう一つ注文しても良かったかな?(笑)

 

はい、完食で~す。

 

台湾での価格を知っていると割高感

今回、グランフロント大阪で食べた限定メニューの価格は

マンゴーミルクかき氷:1,880円(消費税込)

キウイかき氷:1,440円(消費税込)

まぁ、安くはないですよね?(笑)

 

スタンダードメニューのマンゴーかき氷の価格を比べてみると

マンゴーかき氷(日本):1,550円(消費税込)

フレッシュマンゴー雪氷:220台湾ドル(夏価格)=770~880円

 

日本価格は2倍ぐらいしていますね!

 

物価の違いもあると思いますが、やはり台湾での価格を知っていると割高に感じます。

 

そして、今回比較してみて思いました。

大阪のアイスモンスターも台北のアイスモンスターと味や量は同じですが、やっぱり台北のあの暑さで食べるマンゴーかき氷の方が最高です。

 

日本に居ながらにして台湾の味を楽しむのも良いですが、他の食べ物も日本と比べるとかなりお安くたくさん食べられますので、ワタクシのような食いしん坊さんはぜひ本場の台湾へ行って食べてみてくださいね~!

 

最後まで読んで頂き謝謝!!

 

友達のブログもぜひ読んでみて下さいね▼

 中国出張ビギナーズ

なにわバナー なにわのドタバタ夫婦節約奮戦記

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へにほんブログ村 

 

スポンサーリンク