こんにちはワタクシです。

今回は先月台湾に行った際に利用した、『イモトのWiFi』について感想を書きます。

一番簡単に台湾でWiFiを使えるのはイモトのWiFi

テレビでお馴染みのイモトさんがメインキャラクターに起用されているので、『イモトのWiFi』と呼ばれており、レンタルルーターを提供する会社の老舗ですので、安心して使用することができます。

プランは接続速度別に、遅い回線の3Gが680円/日で、現在日本のスマホで使っているのと同等で速い回線の4G(LTE)1280円/日の2種類のプランがあり、今回ワタクシは料金の安い3Gプランを使用しました。

手続きも簡単で、申し込みフォームに必要事項を入力して、クレジットカードで決済するだけと非常に解りやすいのも◎です。

申し込んだレンタルルーターが届いた!

宅急便で受け取るにはオプション料金で500円かかりますが、ワタクシは空港のカウンターで受け取るのが非常に面倒だったので、オプションの有料宅配を選びました。返却時は空港の指定カウンターで返却です。(返却は24時間対応)

img_3157

こんな感じで旅行前日に宅急便で届きました。きちんと時間指定通りに届きますので安心ですね。

梱包された袋から取り出すと、こんなポーチが出てきます。

img_3160

この中に、説明書・ルーター本体・ケーブル・アダプタが入っています。

説明書は、誰が見ても解るように図入りで親切に記されていますので、機械音痴な方でも簡単に設定できるかと思います。

img_3162

ルーター本体はボタン1つしか無いのも分かりやすくて良いですね。

img_3164

 

イモトのWiFiを使ってみた!

使い方は、現地に行って、ルーターの電源を入れて、接続のマニュアルを見ながらSSID(ネットワーク名)xcomglobalを選んで、パスワードを入れるだけです。

という事で、台湾の桃園空港で電源を入れました。

img_3295-1

赤丸で囲ってある電波のメーターが付けばWiFiの接続準備が出来ています。先程も書きましたがボタンが1つしか無いので迷うことはありませんよ。

次にスマホとルーターを接続するので、WiFiの設定をスマホでします。

img_3296

先程も書きましたが、「こんな設定わからないよー」という方も同梱のマニュアルを見ながらゆっくり接続の作業をしても1~2分で出来ると思います。本当に簡単ですのでご安心を。

マニュアルはもちろん、iPhoneとAndroid両対応ですから心配しないで下さいね。

これで台湾旅行の道中、日本にいる感覚でスマホを使うことが出来ます。もちろん複数台のスマホを繋ぐことも可能です。

実際の速度は?

3G通信の最大値が15Mbpsとなります。では実際の速度である実効値はどんなものでしょうか。空港からホテルへの車内で速度を計ってみました。

img_3804

下りで9.89Mbps出ていました。最大値でも15Mbpsですので、まずまずと言ったところです。

 

img_3297

ホテルへ向かう道中、電波が途切れたりということもほとんどなく、車に乗ってグーグルマップを見て現在地を確認するといった事も容易にこなしてくれました。

 

まとめ

日本にいる時は4G(LTE)回線で慣れてしまっているので、ブログやニュースサイトを見るには、正直3Gでは遅く感じましたが、グーグルマップやメール確認、翻訳アプリは普段と変わらない感じでした。やはり、旅行中にWiFiが使えると便利です。

普段と変わらない速度を求めるならば、4G(LTE)回線がオススメです。

気になるルーターのバッテリーは約5時間持ちました。一日中外に出ているならば、モバイルバッテリーが必須だと思いますので、お持ちでない方はこの際に1つ購入することをオススメします。買うまでもないな~という方も安心して下さい。イモトのWiFiで別料金でレンタルもできます。

無くしたり・壊したり・盗難にあった場合は、約4万円の弁償金が必要になるので、心配症な方は『あんしんパックプレミアム(300円/日)に加入しておけば万が一の場合も完璧ですね。

以上イモトのWiFiレポートでした。

いつも最後まで読んで頂き謝謝!!

 

なにわバナー 友達夫婦の節約ブログです なにわのドタバタ夫婦節約奮戦記

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へにほんブログ村

スポンサーリンク