你好!謝謝!!加油!!!

ワタクシです!!

実は、この3つ以外あまり台湾の言葉を知りません(笑)

台湾では『中国語』(普通話、北京語)が公用語として使用されています。しかし厳密には少し違う部分があり、『台湾華語』とも言われています。別に『台湾語』というのも存在します。

 

台湾の標準語は台湾語ではない

台湾語(台語)というのは諸説ありますが、中国語の方言ではないようです。日本でいうところのアイヌ語や琉球語のような台湾島の母語だとワタクシ個人は解釈しています。

たまに台湾人の友人が教えてくれる台湾語は初めて聞く言葉ばかりです。

例えば、日本語の『おいしい』中国語で『好吃 ハオツー』皆さん知ってますよね?。

これは台湾でも『好吃 ハオツー』と言えば通じます。しかし元来の台湾語(台語)で『眞好呷 チンホーチャ』というとお店の人は大変喜びます。

中国大陸から渡ってきた政府

img_16766

>>台湾旅行にはレンタルWifiがオススメ!

 

台湾というのは本来、島の名前であって、国の名前は中華民国です。(日本標準表記の場合)

簡単に少しだけ歴史について触れますと、中華民国は元々中国大陸にあって首都は南京にありました。第二次世界大戦後に北京政府(現在の中華人民共和国)との国共内戦が激化し、南京国民政府が崩壊。蒋介石と政府関係者らは、中国大陸の南部にある、広州、重慶、成都と渡り歩いて現在の台湾島にたどり着きました。

この時台北を首都とした中華民国政府の人々は中国大陸から渡ってきた人々なので、標準語が中国語がベースになっているということです。

台湾の言葉は『國語』と呼ばれるものが基本言語です。中国語(普通話、中国では北京語と言われる標準語)とほとんど同じでお互いに意味はわかりますが、少しずつ違う点があります。

 

繁体字と簡体字

まず大きな違いは書くときの漢字です。

中国は中華人民共和国を建国後、複雑な漢字の画数を減らして簡略化し、読み書きできる人を増やそうと政府が進めてきました。これが『簡体字』といわれるもので、中国の学校教育ではこの簡体字を習い、出版物や街中の看板もこの簡体字を使用しています。

台湾で使用されているのは『繁体字』と言われるもので、古くから中国で使われてきた日本でも使用されている漢字と近いものです。

例を上げますと、

  • 国際空港(日本語)
  • 国际机场(中国語 簡体)
  • 國際機場(中国語 繁体)

といった具合です。

ちなみに、台湾のほとんどの人たちは、私たち日本人と同じように簡体字が読めないんだそうです。

なので、日本語が通じなくてもメモに日本の漢字で書けば台湾の人はわかってくれることが多いですが、逆に上海などの中国の都市で同じことをしても首をかしげられる事は多々あります。

翻訳アプリを使うときの注意点

海外旅行で重宝するのが、スマホやタブレットの翻訳アプリです。

ワタクシはいつも『Google翻訳』を使用しています。レンタルWifiや現地キャリアのプリペイドSIMを使用すればインターネットが利用できるのでよく使います。

音声認識でマイクに向かって話してもらったり、カメラで文字を拾って翻訳したりもできるのでとっても便利です。

Google翻訳アプリ itunes store

Google翻訳アプリ Google Play

goo-1

 

ビギナーにオススメなレンタルWifiは【関連記事】を参照してください。

 

ここで注意してほしいのが、これまで説明してきた『繁体字』と『簡体字』です。
だいたいの翻訳アプリには台湾語という選択肢が無く、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)という選択肢になります。ここで、簡体語を選んでしまうと、台湾の人たちに見せたところで意味がわかってもらえません。

必ず、繁体字で調べて伝えるようにしましょう。

 

それから、翻訳アプリはまだまだ完ぺきではありません。

やはり現地の日本語がわかる人に答え合わせをしてもらうと

「むちゃくちゃな翻訳になってるよ。」と言われることがあります。

こんな場合はやはり通じません。

また、中国は非常に広いので地方によって発音や表記が変わってきたりします。

また、言葉のニュアンスが変わってしまう場合があります。

 

例えば、台湾では道行く女性や店員さんにに声をかける時、『小姐 シャオチエ』と言いますが、これを上海あたりで使うと、失礼な言葉になってしまいます。小姐=水商売をしている女性、娼婦を指してしまうからです。

 

ちなみに上海では『小姐 シャオチエ』の代わりに『美女 メイニュー』、店員さんをよぶ時は『服务员 フーウーユエン』というのがスマートです。

 

ということは中国では普通だけど、台湾では失礼な言葉があるかもしれないということです。

こういった文化を把握しつつ、翻訳アプリを使って話すなんて難しいですよね?というか無理です。

あまりにも時間がかかりすぎて旅行を楽しむどころではありませんよね?(笑)

 

広告

持っておけば安心の旅の指さし会話帳mini

そこでおススメなのがこの本『旅の指さし会話帳mini 台北』です。

img_2778-1

旅の指さし会話帳mini

これなら、台湾で普段使われている中国語がまとめられていますので文化的な背景を気にすることなく使用することができます。

002

 

『日本人』の発音は中国だと『リーベンレン』ですが、台湾では『ズーベンレン』になります。翻訳ソフトだと中国の発音になります。

006

 

よく使う単語も一覧表になっていて便利です。

005

 

また、簡単に使える台湾語もたくさん記載されていますので、
これを使うと台湾人の人にはすごく喜ばれとても仲良くなれます。

004

 

当然、無電源なのでスマホの電池切れ時やWifiルーターの電波状況が悪い時、電池切れの時にも保険として持っていれば安心ですよね?

あと、よくあるのがコチラから質問して、通じて、答えてくれたはいいけどなんて言ってるのかわからない(笑)という状況があります。

こんな場合でも相手に本を見せて指さしてもらえばわかりますよね?

この本はコンパクトでワタクシが使っているiPhone6Sよりちょっと大きいぐらいです。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000

値段もお手頃で¥680(税抜き)なので1冊買って持っておくと心強いと思いので、おススメですよ。

 

いつも最後まで読んで頂き謝謝!!

 

最後まで読んで頂き謝謝!!

 

友達のブログもぜひ読んでみて下さいね▼

 中国出張ビギナーズ

なにわバナー なにわのドタバタ夫婦節約奮戦記

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へにほんブログ村